永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛とは、医療レーザー脱毛による脱毛のことです。永久脱毛は、皮膚ガンなどの病気を引き起こすなどの噂がありますが、これは嘘です。ガンの原因となる紫外線と、レーザーの光の赤外線とは種類が違うからです。ですが、副作用が全くないかといえばそうではありません。レーザー照射の熱によって肌トラブルが起きてしまうことがあるからです。心配な方は、安全な脱毛治療を目指す医師の団体である日本医学脱毛協会に加盟している医師などに相談してみることも一つの方法です。

永久脱毛による副作用

永久脱毛は高い頻度で自己処理をする必要が無くなる反面、一時的に赤みが出たり取り分けてデリケートな場合は火傷に繋がることもあり、手放しで喜べる方法とは言い難いのが実情です。
また、レーザーが奥深くまで届くことができなかったことにより、組織が残ってしまい皮膚内で毛が成長する毛膿炎に見舞われることもあり、見た目にも不都合が生じるリスクがあります。
毛膿炎になるとニキビを誘発しやすく、他の炎症の引き金になることから永久脱毛は副作用があるものだという前提で考え、施術を希望するクリニックはじっくりと情報収集を行った上で選択するようにしてください。
正しい方法で施術し、アフターケアにも手を抜かなければ快適な生活を手に入れられるようになります。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をする前には多くの人が口コミで様々な知識を得ます。しかしながらその中には間違った知識や勘違いで書かれたものも多く含まれているので、正しいことを知ってから行うと、不安を解消できます。特に、副作用として、ワキ汗やワキガについて触れているものも多くみられます。しかしながらそれは、勘違いなので心配はいりません。実際には、そのようなことはなく、脱毛で毛がなくなって、汗がダイレクトに服に付着することで、大量の汗をかいたような感覚になるのです。脱毛をしたら、毛がない分、すぐにシャツが濡れますので、頻繁に汗を拭く習慣を身につけ、快適に過ごすことを考えるといいです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛を利用した場合、稀に肌トラブルが発生する可能性があります。敏感肌やアトピー肌の人は通常の肌質の方よりもレーザーによるダメージを受けやすいですから、熱による刺激で赤みや軽度の火傷を負ってしまうケースがあります。乾燥肌の方も皮膚の表面が弱っていますから、施術前にきちんと無料カウンセリングは受けておくべきです。スタッフやドクターに事実を全て話した方が、後々にトラブルが発生する確率も激減しますから、特に肌質やどういった刺激に弱いか、一から十まで話しておく必要性があります。レーザーを皮膚に当てる前に、患部をチェックしますが、仮に肌荒れやニキビが目立つ場合は丁重にお断りされる可能性がありますから、皮膚が健やかな状態でカウンセリングを受ける事がポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です